複雑な制約の例


スケジュールナースは、多様な制約に対応しています。ここでは、いくつかの例を挙げます。

ブログでもユーザさまのご要望仕様の実装について述べています。参考にどうぞ。



夜勤の制約例


1)2チームから夜勤3名

制約設計の要件は次の通りです。

A/Bの2チーム。スキルレベルが若手とベテランの2種類。深夜、準夜は、各3人。3人の内訳は、Aチームから一人または、Bチームから二人または、Aチームから二人または、Bチームから一人。二人を輩出したチームは、ベテラン+若手の組み合わせであること。


Aグループから2人出ている場合は、Aグループの若手+Aグループのベテラン、
Aグループが一人のときは、Bグループは、Bグループの若手+Bグループのベテラン
になっていることが分かります。



2)異動者制約
要件は、次の通りです。

通常は、上の1)制約だが、今月は、チーム編成の変更があり、チーム異動者がいる。異動動者は、ベテランであっても、不慣れなために、夜勤を一人では、させられない。よって、今月の最初の5日間については、1)制約を適用せず、異動者が夜勤する場合は、元からいたメンバーとペアで勤務することとする。それ以降は、通常の1)ルールを適用する

下で、Bチームへの異動者は、最初の5日間、Bチームの元いたスタッフとペアで勤務しているのが分かります。

3)3チームから夜勤4名



下で、上級=ベテラン+中堅1になっています。Aグループ新人が勤務のときは、Aグループの上級(ベテラン+中堅1)がアサインされていることが分かります。

4)夜勤引継ぎ制約


Sは、2日連続型の深夜、Jは2日連続型準夜です。バトンが引き継がれていくが如しです。 



日勤制約例

1)リーダ業務
要件:
 A/B各チームでリーダ業務を一人行う。リーダ業務は、平日2-3日連続とし、リーダスキルを持った者で持ち回りとする。
リーダ業務直後の深夜は禁止とする。リーダ業務は、負荷が高いので、リーダスキル者内で平準化する。

がリーダで、各A/Bグループで1名割り振っています。リーダ日数は、3-5日で平準化されていることが分かります。



2)平日日勤者数
要件
 通常は、曜日毎に決まっているが、今月は、特別に増員するべき日が何日かある。


下の例では、通常12人以上日勤勤務のところ、3月4日、3月11日、3月12日に14人、3月3日に15人を設定しています。
ソフト制約エラーも0で配置できています。
(しかし、これは、個人の勤務希望を入力していないから出来ることです。
このような余裕のない状態で、入力するとソフトエラーは、0にはならないだろうということは想像できます。)


連休制約例

看護師スタッフの生活の質の部分に関する制約です。例えば、「連休を月に一回は、必ず取る」 さらに、「その連休の前後には、夜勤がない」、とか、連休は月2回以上、さらにその連休間隔は、2週間程度 といった類の制約です。

要件:


ご参考 

土日の連休を一回はつけてあげたい http://schedule-nurse.blogspot.jp/2014/03/blog-post_28.html
http://schedule-nurse.blogspot.jp/2014/03/blog-post_29.html
連続休みを2回以上、連続休み間隔は2週間程度で平準化 http://schedule-nurse.blogspot.jp/2014/03/22.html
http://schedule-nurse.blogspot.jp/2014/03/22_31.html
http://schedule-nurse.blogspot.jp/2014/04/22.html
http://schedule-nurse.blogspot.jp/2014/04/224.html
年休消化 http://schedule-nurse.blogspot.jp/2014/04/blog-post.html
会議の制約 http://schedule-nurse.blogspot.jp/2014/04/blog-post_15.html
祝日の平準化 http://schedule-nurse.blogspot.jp/2014/04/blog-post_17.html
プリセプタプリセプティ http://schedule-nurse.blogspot.jp/2014/03/blog-post_20.html
プリセプタプリセプティ-ソフト制約を使いこなす http://schedule-nurse.blogspot.jp/2014/05/blog-post_31.html





連続勤務制約例
5日連続勤務は疲れるので不可にしたい。公休数は、月で決まっている。公休のほかにやむを得ない場合は、休みを1日はさんでもよい。

ご参考 http://schedule-nurse.blogspot.jp/2014/03/5.html


その他制約

1)休日出勤制約
   休日の日勤は○回まで 休日の夜勤は○回までとし休日の出勤回数合計は○回までとしたい

2)夜勤間隔制約

夜勤間隔は必ず○日空けるようにしたいが全ては困難なので月に○箇所程度は許容としてもいい。
それもスタッフごとに設定を変更したい。

スタッフごとに可能な勤務パターンを設定したい。


3)土曜と日曜日の連続の日勤は出来るだけ付けたくないがやむを得ず付いた場合には月曜日は休みとしたい。

4)個人の希望制約
 休みの希望だけでなく、深夜以外、準夜以外といった希望も可能にしたい

5)土日だけ夜勤可能


ご参考 http://schedule-nurse.blogspot.jp/2014/03/blog-post_19.html

[Prev] [Next] [Index] [Home]